忍者ブログ
見たドラマのあらすじを公式サイトから控えてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


外交官・黒田康作 第6話 悲しき犯人逮捕

 黒田康作(織田裕二)は佐々木藍子(片瀬那奈)の話から、霜村毅(香川照之)が絡む一連の事件の裏に薬害訴訟が起因している可能性を知る。その真実を確かめるべく、黒田は当時、被告となっていたブライトン・ジャパン製薬の吉村進社長(大河内浩)を新製品発表会場に訪ねる。しかし、吉村はトイレで殺害され、黒田は霜村に銃を突きつけられて、この件からは手を引いて欲しいと脅された。霜村は11年前の立てこもり事件での妻・倫世(紺野まひる)の死は流れ弾ではなく、狙われたのだと言い残して逃走してしまった。
 霜村の言葉の真意を探り始める黒田には、もうひとつ気にかかるところがあった。吉村殺害現場の会場に、刑事たちがいち早く駆けつけた事だ。警察への情報漏れを懸念する黒田は、大垣利香子(柴咲コウ)との連絡を絶つ。安藤庸介(鹿賀丈史)に会った黒田は、機密文書扱いになっている立てこもり事件の資料を受け取る。中には、倫世の検死報告書も存在した。そして、そこには意外な事実が隠されていた。一方、利香子は瑠衣(夏帆)から、11年前の出来事を聞きだす。
 霜村が吉村殺害で使った盗難車が発見された。利香子は、車の持ち主が車上荒らしの前科があることに気づく。その男の工場を訪ねた利香子は、そこで不自然なカレンダーを見つける。工場を出た利香子は、電話番号らしきものが書かれたメモを拾う。書かれた番号にかけてみると、驚くべき人物が応答する。なんと、つながったのは山路貴繁(岩松了)だった。利香子は、すぐに黒田に電話するが応答してもらえず、仕方なく留守電を残す。
 その頃、黒田は観上祥子(草刈民代)と食事をしていた。黒田の活躍を認めつつある祥子は、11年前の事件がもとで出世から遠ざかったことを惜しむ。しかし、黒田は苦にしてはいなかった。また、黒田は倫世に放たれた銃弾がゲリラではなく、現地警察のものだったことを検死調書で知ったことを祥子に話す。霜村もこの事実を知っていて、事件に関わっているのではないかと推測する。
 そこに、西園寺守(田中圭)から黒田の居場所を聞いた利香子が現れた。利香子は、山路の件を説明しようとするのだが黒田にはねつけられてしまう。さらに、黒田は翌日から出張だと、利香子を帰らせてしまった。黒田は祥子にも依頼し、自分が出張したと外務省の人間に思わせる。また、利香子が新居田一彦管理官(田中哲司)に報告したため、黒田の不在は警察署も知ることとなった。その利香子は、外出する山路の後をつける。すると、霜村と接触したではないか。だが、利香子の追跡は霜村たちに協力していた藍子から知らされてしまう。霜村と別れた山路を追う利香子は、黒田と連絡を取って場所を教えた。
 利香子がなおも追うと、山路は路地に入って行く。ついに見失った時、利香子の背後から山路が現れた。利香子に山路が詰め寄ると、今度は黒田が…。逃げ場を失い、暴れだした山路を黒田が取り押さえた。黒田は利香子に、霜村への内通者を調べるために連絡を絶ち、距離を置いたと打ち明ける。上司が犯人の仲間だと判明した利香子のショックは大きい。黒田は、そんな利香子を食事に誘う。


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
P R
Copyright ©   ドラマの余韻   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]